EZI03157.jpg

ICT System Technology

​【当社のICT施工】

栄山建設ではICTシステムを導入しており、ドローン飛行から地形を作成し、設計データを入力しています。

これだけで、現場3D施工が可能となり、そのデーターをタブレットに登録し専用の機械にて現場施工が出来ます。

現在、80%程度のスマート施工に成功しております。

※ICT(情報通信技術)とは、PCだけでなくスマートフォンやスマートスピーカーなど、さまざまな形状のコンピュータを使った情報処理や通信技術の総称

STEP1 ファントム4によるルート飛行

ドローンを飛ばして仕事をしている栄山建設の社員2人

STEP2 ルート飛行より地形を立体化

STEP3 飛行測量立体地形から設計データを入力

STEP4 設計データ入力後、測量データを作成

測量データをタブレットに転送。

あとは、快速ナビと杭ナビにて3D誘導してくれるため、

今まで必要であった現場計算は不要になり、ミスも軽減。

熟練された技術者でなくても現場管理が可能。

● 3D施工データを元に、現在位置の横断形状をリアルタイムに生成・表示し、

● 計画データとの離れや標高差を常に表示し、施工ナビゲーションとして活用が可能。

● 切り出し位置のマーキング、構造物設置のガイド、施工後・据付後のチェックなど、様々な現場で活用可能。

  事前の丁張計算は一切不要。水平離れ、観測点法長などをリアルタイムに確認しながら、丁張設置が可能。

ICT施工に併せ、今まで写真撮影等をしたものを残業して整理していたが

SiteBox導入により整理されたクラウドに写真撮影等をする事で、

当社ではノー残業を実現しています。

使用しているパソコンも

ゲーミングパソコンを使用するため

さらに快適になり作業時間短縮。

今後の予定

3Dデータを入力した測量データーを重機と連動。

これにより、丁張の設置の必要もなくなり

現場作業者の削減と安全性も向上。

更に!2021年1月購入の0.45m3級バックホウ。

電気制御の油圧システムであり、杭ナビショベルを導入すれば、

マシンコントロールにより初心者でも重機操作が可能となる。